九十九里町について

九十九里町について

九十九里町は、九十九里浜のほぼ中央に位置し、都心から60キロメートルの首都圏に属しています。 イワシ漁とともに栄えてきた九十九里町。全国を測量し、日本地図を完成させた「伊能忠敬」生誕の地でもあります。 古来から気候温暖で、水と緑に囲まれた自然の恵み地として、多くの文人墨客(高村光太郎、竹久夢二、徳富蘆花など)が訪れており、夏には海水浴で賑わいを見せます。

観光スポット

surf

九十九里浜 海水浴にサーフィン、地曳網! BBQ!

九十九里町と言えば「海」。 夏の海水浴シーズンばかりでなく、四季を通じて質のよい波を求めて、多くのサーファーがやってきます! その他にも各種マリンスポーツや、釣り、伝統的イワシ漁法である「地曳網」を観光体験することも!

inou

作家を魅了する九十九里 文学と史蹟の町

江戸時代に我が国最初の実測地図を作製した伊能忠敬は、九十九里町の出身。 また高村光太郎や徳富蘆花など、九十九里に滞在した文学者たちの足跡を辿ってみてもよいのでは。

町の特産品

iwashi

町の特産品「いわし」 漁業と加工を町内で

九十九里浜の近海で捕れる新鮮な片口いわしを美味しく、保存しやすく加工した品々。 いわしの胡麻漬けや丸干し・みりん干しはお土産品にも最適です。

flower

穏やかな気候と風土で 農業も盛んな九十九里

稲作ばかりでなく、ネギやナス、トマトなどの生産も盛んな九十九里町。 自然の力でじっくり育てた完熟もぎたての「浜いちご」や程よく甘く、舌触りの良い「アクアメロン」もオススメです。

九十九里町公認キャラクター くくりん

kukurin_main

九十九里町イメージキャラクターとして、町商工会青年部が中心となり誕生

平成25年度に青年部が中心となり進められた「九十九里町イメージキャラクター制作事業」においてデザインを公募したところ、648点もの応募案がありました。 その中から準備委員会において3点にしぼり、町民投票によって選ばれた九十九里町公認イメージキャラクターが「くくりん」です。

くくりん プロフィール

kukurin

生まれも 育ちも 九十九里町。 甘えんぼうで 人なつっこい。 おじいちゃんは伝説のにゃーふぁー(猫のサーファー) いわしを食べては ニコニコしている。 ちなみに サーフィンは はじめたばかり。

本名 ウェーブキャット・くじゅうくりん・クリスティーにゃ
愛称(ニックネーム) くくりん
誕生日 9月9日
性別・年齢 不明
好きな食べ物 いわし、はまぐり、にゃがらみ(ながらみ)

Fatal error: Call to undefined function sharing_display() in /home/vuser03/6/5/0199756000/www.kujyukuri.or.jp/wp/wp-content/themes/99sci/content.php on line 8