雇用保険制度が変わります。

最終更新日:

会員向け情報 ,

1.雇用保険料率の引き下げ

平成28年度の失業等給付の雇用保険料率を、労働者負担・事業主負担とも 1/1000 ずつ引き下げます。

①一般の事業(11/1000)

労働者負担  4/1000

事業主負担  7/1000

②農林水産・清酒製造の事業(13/1000)

労働者負担  5/1000

事業主負担  8/1000

③建設の事業(14/1000)

労働者負担  5/1000

事業主負担  9/1000

 

2.65歳以上の方への雇用保険の適用拡大

平成29年1月1日以降、現行雇用保険の適用除外となっている65歳以上の雇用者についても、雇用保険の対象となります。

また、平成32年度より、64歳以上の方についての雇用保険料の徴収が始まります。

 

3.介護休業給付の給付率の引上げ

介護休業を取得した際に支給される介護休業給付の給付率を、平成28年8月1日以降に休業を開始される方については、現行の40%から67%に引き上げられます。


☆雇用保険が変わります パンフレット